よくある質問|フォームライトSLのことなら愛知県長久手市のフォーム断熱株式会社におまかせ

よくある質問

フォームライトSLについて寄せられるご質問にお答えします。

フォームライトSLは燃えませんか?また、燃えた時に有害なガスの発生等はありませんか?

難燃処理が施されているフォームライトSLは自己消火性を持っています。そのため、火を当て続けない限り延焼することはありません。また、燃焼時に怖いのが有毒ガスの発生ですが、マウスを使ったガス有毒性試験にも合格。安全な断熱材といえます。

フォームライトSL施工時、有害ガスや臭気の発生はありませんか?

施工時の原料(液状)には臭気があります。ただし、化学反応によりウレタンフォームが形成されますと、形成されたウレタンフォーム自体は無臭になります(通常2~3日で臭いがなくなります)。もちろん有毒ガスの発生もなく、形成されたウレタンフォームの中には空気しか残存しませんから安心です。

フォームライトSL自体に人体に有害な物質は含まれていませんか?

ご安心下さい。フォームライトSLにはシックハウスの原因とされるホルムアルデヒドをはじめ、その他の指定VOC(揮発性有機化合物)は含まれておりません。安心してご使用いただけます。

施工後に断熱性・気密性が劣化することはありませんか?

吹付け施工するフォームライトSLは、どんな細かな部分にも隙間なく密着します。しかも優れた柔軟性で、柱など木部の動きにもぴったりと追随するため気密性が劣化することはありません。また、フォーム内部の空気で断熱をしていますから、いつでも安定した断熱効果を得ることができます。

季節変動による柱などの収縮で断熱材と木部に隙間は発生しませんか?

フォームライトSLの優れた機密性と柔軟性は、湿気や温度による木材の伸縮にも対応します。長期にわたって剥がれたり隙間ができたりすることはありません。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP